見沼農園づくり参加 2017
見沼たんぼくらぶ

大宮シニアライオンズクラブ  

秋晴れ、絶好のコンディション、種まきが捗りました

ヘルシーロー

大和田緑地公園

見沼緑道

見沼たんぼくらぶの月刊広報誌10月号(みぬま通信第72号)に、大宮シニアライオンズクラブの5つの継続アクティビティが紹介されました。

アクティビティは市民の皆さんと一緒に参加することに大きな意義があります。9月2日(土)に予定していた種まきは、生憎の雨のため一週間延期、9月9日に300名超の応募者から230名が選ばれて参加、大人も子供も、みんなで一緒に頑張りました。

雑草にめげず、健気に成長する大根

「首都圏30キロに広がる見沼地域を良好な環境で保存し、将来に引き継ぐのは、いまの私達の責任」という観点から、見沼たんぼくらぶの農園づくりに参加するようになってから8年、今年も市民の皆さんと一緒に秋野菜の種まき、除草、間引き、収穫と励みました。

子供達で“イモの子洗う”ような賑わい振り。大宮シニアLC8名の男性会員も奮闘。

除草と間引き、お天気に泣かされました

ページのトップへ

絶好の収穫日和でした。市民が120名参加。台風と大雨の影響で葉物野菜の生育はいまひとつでしたが、大根、蕪など大量の収穫、、全員が5班に分かれて収穫した野菜を配分し持ち帰りました・

いよいよ収穫日11月9日(土)

梅雨時と見まちがうような連日の雨模様続きの10月でした。何とか28日(土)は午前中は雨が降らないとのことで(梅雨の晴れ間みたい)大橋L 小林L 坂口L 田母神L 中川L 畑中Lの6名が除草、間引きに参加しました。

お疲れさまでした

inserted by FC2 system