二日目の朝、立ち寄りました。
写真撮影が禁止でした。

移動例会2017

大宮シニアライオンズクラブ

戦いの足跡や武具甲冑など真田一族に関する資料が展示された資料館・真田氏歴史館は火曜日は休館でした。

日程:2017年6月13日(火)~6月14日(水)
行程:真田歴史館ー上田城址ー川中島古戦場ー松代大本営

例会々場

写真撮影担当のL小林 裕

戸倉上山田温泉 圓山荘別館 「西之館」

一日目の行程

上田城跡公園内で開催された特別企画展見学
  「400年の時を経て、甦る上田城」

例年6月はお楽しみの移動例会です。年度末の通常例会は協議事項、報告事項も盛り沢山、予定時間を遥かオーバーするのはいつも変わりません。会員の体調不良に加え、いろいろ事情もあって参加者は昨年比4名減の9名となりましたが、ミーティングでは真剣な討議が行われ、夜の懇親会では美味しい料理で満腹し、全員参加のカラオケ大会、思いっきり楽しむことが出来ました。翌日の観光・見学は梅雨時には珍しい好天に恵まれ、これも大変有意義な一日となりました。

2万を超す武田勢と1万数千の上杉勢が5度に渡り干戈を交えた川中島の戦いは、第4次が最も激戦でした。武田信玄の軍配扇には3か所、刀の傷跡がありますが、上杉謙信が馬上から切りつけたときのものです。
右の写真、武田勢の武将が謙信を取り逃がした無念さから突き刺した石です。

大坂夏の陣・真田の赤備えで有名な緋色の鎧     

横川おぎのや(昼食)→ 真田氏館跡→ 上田城址→ 新田醸造

松代の宮坂酒造店で日本酒の試飲
にごり酒が人気でした。

ここでしか買えない杏子のジャムにお菓子のいろいろを扱っているお土産店のおばさんが川中島の戦いを解説してくれました。私達が上杉方か武田ファンなのか確認してから話を進めるなんて泣かせます。みんなでお土産をしっかりと購入しました。

川中島古戦場→宮坂酒造→松代大本営

いつであれ、どこであれ、ミーティングの時間には全員参加、侃侃諤々、忌憚のない意見の  
交換が行われるのが大宮シニアLCの例会の特徴です。予定の時間をオーバーすることは普通?です。

昔ながらの、本物の味噌、信州白樺印の新田醸造を見学

上田城祉

真田氏中興の祖・幸隆 
表裏比興(ヒョウリヒキョウ)の武将・昌幸 
日本一の兵(ヒノモトイチノツワモノ)・幸村

真田三代の甲冑

真田信之着用の甲冑の前で

今年もまた、L畑中勝廣が見学先での想いを短歌に詠みました。 

真田の郷で
  親兄弟 袂を分けたふるさとの 真田館(やかた)は写生大会

上田城で
  上田城 バーチャルでまたよみがえる 兄信行の甲冑はなし

川中島古戦場で
  上杉も武田も愛(いと)し川中島 あんず売る人バスを見る子ら

象山地下壕にて
  涼しさは 身に心地よき大本営 初夏の日差しが慰霊碑照らす 

松代市街で
   黒ベイの 疏水を泳ぐ鯉のむれ 10万石を歩き楽しむ          

  

ページのトップへ

今年の移動例会観光見学の目玉は松代大本営/象山地下壕です。海岸線から遠く、堅い岩盤地帯に延長10kmに及ぶ地下壕は終戦直前の9ヶ月間の突貫工事で8割方が完成しました。労働力は日本人(勤労奉仕)、朝鮮人(有報酬)が多数動員されたとのことです。

二日目の行程

食事の料理はなかなか立派で盛りだくさん、全員が満足してカラオケ競演に突入! 
新旧会長をはじめ、これも全員参加。新曲があるとかないとか言いながらも概ね一人2曲の熱唱
でした。

戸倉上山田温泉 圓山荘別館「西乃館」で
       例会と懇親会

100年以上も前から使用されて来た大樽、味噌が6トンも入ります。熟成期間は1年半とか。

みその効用は昔から言われていますが、これほどとは?

試飲コーナー、美味しい味噌汁で疲れを癒す会員たち

新田醸造で

L上原久美子とL小川美智子

ー熊本復興支援ー
こんなのもありました

今年の移動例会の楽しみの一つは横川の釜めしでした。一日目の昼食は碓氷峠の登り口ににある横川店で、明治18年創業の名物”峠の釜めし”

川中島古戦場にて集合写真

inserted by FC2 system