移動例会
2015

6月9日(火)~6月10日(水)

大宮シニアライオンズクラブ

今年は群馬県磯部温泉へ。例会場は”舌切雀のお宿”磯部ガーデン

~賛助会員3名の参加を見て総勢14名の出席~
例会協議はいつもと変わらぬ活発な意見交換があり予定の1時間をオーバーする状況でした。

移動例会時の慣例になっている次期会長による「会長テーマ」「活動スローガン」の発表は
次の通りで、全員の賛同を得て、当クラブ次期1年間の運営指針として決定しました。

白衣大観音. 観音山の山頂、標高190メートルの地点にある、高さは41.8メートル、重さ は5,985トン、胴回りは48メートル、親指の太さは直径0.4メートルのコンクリート造りの 観音像で、昭和11年(1936年)に実業家井上保三郎によって建立されました。

Running for 20 years, it's a strength

少林山達磨寺

転ばないように!”

達磨さんの眼は、願いを込めながら向かって右側に入れます。願いが叶ったとき、また、1年無事だったら、向かって左に眼を書き入れます。

達磨さんの眼はどっちから入れる?

観音山丘陵の端に位置する少林山達磨寺は黄檗宗(おうばくしゅう)という禅宗のお寺です。
達磨大師の教えを受け継ぐ高崎だるま発祥の寺として有名です。

最上階の窓からは高崎市街地、遠くは上州三山の眺望も楽しめます。

胎内を拝観しつつ最上階、九階の肩の高さまで登った健脚の皆さんです。お疲れさまでした。

磯部温泉、お世話になりました。世界遺産「富岡製糸場」は次の機会に。

舌切り雀のお宿を出発して「高崎白衣大観音」と
少林山達磨寺の見学へ

懇親会の定番はカラオケ。喉に自慢の会員3人が40点台だった
採点ゲームで94点を叩き出した田母神同好会会長!!

群馬県立自然史博物館へは高崎駅から上信電鉄で上州富岡駅へ、楽しい電車の旅でした。

会長テーマ

場所が変わっても変わらないのが侃侃諤諤の議論

雀のお宿は大きなホテルでした

Life is yet always youth

旅館のロビーのサイボットシアター。舌切り雀の「おちゅん」とおじいさんの楽しいアトラクションが上演されました。

人生まだまだ常に青春

高崎観音

活動スローガン

達磨寺の長い石段で転ぶ、起き上がる。
     シャレにもなりません。

ホテル玄関ロビーで記念写真(バックにおちゅんとおじいさんが見えます)

磯部温泉で、クラブ活動1年間の疲れを癒し懇親会へ

博物館内で記念写真

サファリーパークがお休みのため、剥製で我慢しました。

結成20年、継続は力だ

ページのトップへ

お昼は「峠の釜めし」
          美味かった。

恐竜は動きます

移動例会の楽しみの一つ、地域の見学・観光は、世界遺産富岡製糸場、群馬サファリーパークとも水曜日が休日のため、9日は自然史博物館見学、翌日は高崎白衣大観音、少林山達磨寺参拝となりました。

inserted by FC2 system